ワキガ防止の方法

ワキガ防止の方法

体質であるから仕方がないと思えないのがワキガです。

病気ではないので許容しようと思うけれども中々難しいですよね。

そこで何点かワキガ防止の方法をまとめます。

ワキガにお悩みの方やエチケットのため予め脇の下の気になる臭いを防ぎたいと思っている方に参考になればと思います。

ワキガを防ぐ方法~体の中から編

食生活を変える

まずワキガを防ぐためには体の内側から変えましょう。

毎日の朝昼夜に食べている食事や使われている材料をメモに書き出してみてください。

もしかしてワキガに悩まれている方は肉類が多くありませんか?

肉類ばかりを取り入れると体の中に臭い物質が増えてしまいます。その結果便や吐気、体臭がキツく臭くなるのです。

そこで体の中で臭い物質を分解出来るように食生活を改め、腸と肝臓の働きを高める必要があります。

お酒を嗜む人は休肝日も設けましょう。また添加物を多く摂り過ぎることも体の中を酸化させてしまい体臭が酷くなります。

ですから肉類ばかりではなく魚や野菜も食事に積極的に取り入れるように改善しましょう。

特に海草や野菜類などをお勧めします。洋食中心の献立から和食中心の献立へ変えることも効果的なワキガケアでもあります。

継続的に運動で汗を流す

先述のようなライフスタイルを送っていますとその結果として汗腺の中で動物性タンパク質や脂肪が留まってしまい体臭が酷くなってしまいます。

そこで腺のつまりを解消しましょう。軽く汗を流すことが大切です。

運動はストレス発散にもなりますのでおすすめです。

ストレスは体を酸化させて汗の臭いもキツくすると言われています。

便秘をしないように定期的な排便を心掛ける

この他にもストレスは自律神経のリズムも乱しますので体調不良になる可能性もあります。

自律神経が乱れると便秘下痢を繰り返したりと腸の具合もおかしくなります。

排便は臭い物質を排出する働きもありますので、自律神経を整えてストレスを遠ざけることはわきが体臭対策にもなるのです。

ワキガを防ぐ方法~体の外から編

酢を湯船に流し入れて入浴する

ワキガが起こる原因を別所にて説明しましたが、その気になる臭いを防ぐために毎日の入浴の際に酢を混ぜましょう。

目安としては湯船にコップ一杯です。また半身浴で汗を流すと皮脂腺アポクリン腺のつまりが解消されますから併せて行いましょう。

ワキガは雑菌の繁殖が原因でもありますので、酢の殺菌効果で皮膚を酸性ではなく弱酸性に保ちます。

注意点としては酢の量を多くしすぎないこととすぐにお湯を捨てることです。

長く酢入りのお湯を湯船に入れているとサビや痛みの原因となります。

ミョウバンを水に溶かして肌に塗る

肌が清潔である入浴後などに塗ると効果的です。

ただしミョウバンの溶かし塗り込む量が多ければいいとは限りません。

制汗グッズを使い分ける

ワキガを抑えるためにスプレー剤をひたすら吹き掛けている人もいますが使い分けることも大切です。

汗をかいた上からスプレーを吹き掛けても効果は発揮されません。

そこでシートタイプのグッズで汗を拭いてからスプレー剤を使うなど使い分けましょう。

汗の処理をしないと雑菌の繁殖が押さえられず、発生した悪臭が香料と混ざってしまい却ってワキガに拍車を掛ける恐れもあります。

脇をこまめに清潔な濡れたタオルで拭き取る

汗をかいていないと思わずこまめにトイレなどで拭き取りましょう。

気温が高くなくとも動けば発汗しますし、それを放っておくと雑菌だらけになります。

制汗剤を使うとカブレや痒みがある人にはお勧めです。

衣類用ワキガ消臭スプレーはこちら


メディアでも多数紹介されている衣類用ワキガ消臭スプレーです。ワキガの原因菌99%除菌!気になる部分にスプレーするだけ。

当サイトおすすめのワキガ消臭クリームはこちら

出勤の際や気になった時に手軽に塗れるワキガ消臭クリームです。

雑誌などでも多数取り上げられている商品で、ワキの臭い99.9%消臭除菌してくれます。


【NOANDE】
120日間返金保証付きなので安心して購入出来るかと思います。

このページの先頭へ