ワキガのチェック

ワキガのチェック(臭いとその傾向)、臭いから病気が分かる

ワキガとは汗腺の一種であるアポクリン腺から流れ出した汗と皮脂腺が分泌した皮脂と皮膚上で酸化されるために起こります。

ワキガであると認識される臭いの種類は主に次のようになっています。

ワキガの種類は一種類ではありません

  • 鼻を顰めてしまうようなツンとした臭い
  • 苦い臭い
  • ネギのような臭い
  • 肉料理の臭い
  • 何かが腐ったような臭い

ワキガをはじめ体臭は毎日の体調の変化によってバラバラです。

中でもイソ吉草酸という物質が多いのであれば、鼻に付く苦い臭いになります。

ちなみにイソ吉草酸は悪臭物質であると知られています。

その一方で香料としても使われていますので一概に悪臭物質とは言えませんね。

またその他ネギのような臭いが感じられるのであれば、メチルカプタンといった物質が含まれている傾向にあるのでしょう。

病気から発生する体臭、異臭

しかしながら何らかの不快な臭いが体から発せられていることから自分がワキガであると疑っていても、実のところワキガではないケースもあります。

腐ったような腐敗臭、臭い硫黄臭

肺や腎臓などの臓器に異常を来している恐れがあります。

アンモニア臭

腎臓にトラブルが起こっている恐れがあります。

さらに貧血の人もこの臭いがする傾向にあります、女性は注意しましょう

焦げ臭い臭い

心臓、または小腸に問題がある恐れがあります。

甘酸っぱい臭い

糖尿病を患うと甘酸っぱい臭いであるケトン臭が際立つそうです。

上記各臭いが体から漂っている人は健康診断や病院へと行きましょう。

いずれも各臭いは不快に感じられる傾向にありますし、不快ではなくとも疑問に思う臭いであるはずです。

これら独特の臭いは体の中で何らかの問題が起こっている際に放たれます。

ですから普段の汗臭さ、ワキガ臭とは異なっている臭いが感じられたら病気を疑いましょう。

残念ながら自分自身では放たれる臭いに慣れてしまって違いや変化に気が付かないこともあります。

そこで他人に対し、自分の臭いはどうであるかと訊ねることも効果的な病気の発見となるでしょう。

自分から何らかの臭いがするか感じられるかと他人に訊ねることは大変勇気が要りますが聞いてみましょう。

病気の手掛かりを探してくれる強い味方

今では国内外で人間の倍の嗅覚を持った動物である犬に病気を探させる研究が進んでいます。

やはり臭いからの病気の発見は重要であり有効でもあるようです。

日本ではラブラドールレトリーバーのマリーンという犬ががん探知犬として知られています。

しかしがん探知犬はまだまだ研究開発段階であり数は少ないそうです。

ですからあなたのお宅の犬が普段と違った行動を取ったなどを観察していたら偶然にも病気が発見されるかもしれませんね。

衣類用ワキガ消臭スプレーはこちら


メディアでも多数紹介されている衣類用ワキガ消臭スプレーです。ワキガの原因菌99%除菌!気になる部分にスプレーするだけ。

当サイトおすすめのワキガ消臭クリームはこちら

出勤の際や気になった時に手軽に塗れるワキガ消臭クリームです。

雑誌などでも多数取り上げられている商品で、ワキの臭い99.9%消臭除菌してくれます。


【NOANDE】
120日間返金保証付きなので安心して購入出来るかと思います。

このページの先頭へ