そのワキガ、もしかしたら冬ワキガ?

特に最近聞かれるトラブルの一つ、冬わきが。

冬ワキガに悩まれている方は意外にもたくさんいるようです。

そして冬なのに次のような汗トラブルが起こります。

このような汗トラブルありませんか?

  1. 気温が春夏よりも低く、寒いはずなのに汗をたくさんかいてワキガに悩まされる
  2. 春夏よりも汗の臭いがキツくデオドラントグッズが年中手放せない

まず1ですが、理由としては気温の低下に対抗するために体の中で熱を多く作ります。

体の中でどんどん体温を上げないと体が冷えてカゼを引いてしまうかもしれません。

その結果どんどん熱を作るためかく汗の量が多くなってしまうのです。

したがって汗をかく量が春夏に比較して秋冬の方が増えていることになります。

そして2ですが、これは体の中の水分量が関係しています。

脇の下の臭いを春夏と秋冬で比較してみると、冬にかく汗の方が臭く不快に感じる確率が高くなっています。

一体何故なのでしょうか。

その理由としては体の中に取り入れる水分量が少なくなるので汗の濃度が濃くなってしまうからです。

水分を取ると体が冷えてしまうのでどうしても水分摂取を避けてしまい体の中で血液が濃くなります。

その結果嫌な臭いのする汗がどんどん生み出されてわきがが気になってしまうのです。

どうすると冬ワキガの防止となるか?

冬ワキガを防ぐためには次のことを心掛けましょう。

運動や入浴で発汗を促す

ワキガの原因ですが、皮脂腺に皮脂がつまってしまいそれが酸化することにより悪臭となるのです。

皮脂腺に加えてワキガ特有の強烈な不快臭を放つアポクリン腺も同様です。

そこでお風呂で発汗作用のある入浴剤を混ぜて温まり、皮脂腺・アポクリン腺・エクリン腺につまりを起こさないように気を付けましょう。

つまりが起こると雑菌の繁殖、酸化が進みますので入浴でつまりを取り除きます。

汗ケアを体と洋服の両方忘れずに行う

秋冬には寒さを凌ぐため厚着をしてしまい服の通気性が悪くなります。

春夏ならば薄着なので汗もこもらずに消えていきますが、秋冬では何枚も洋服を重ねて脇の下に熱や水分が居続けます。

ですから汗をこまめにシートタイプのデオドラントグッズで拭き取り清潔に保ちましょう。

併せてスプレータイプの制汗剤で汗を防ぎましょう。

水分の摂取を心掛ける

水分を体を冷やさない程度に取り入れます。

水道からの水では冷たくて体の中が冷えてしまいます。

なのでお茶やショウガ湯を飲んで汗が濃くならないように気を付けましょう。

甘いミルクティーやココアを飲んでも水分も取り入れられて体も温まりますが、甘い飲み物は体の中で活性酸素を発生させますので飲みすぎると体臭がキツくなることもあります。

衣類用ワキガ消臭スプレーはこちら


メディアでも多数紹介されている衣類用ワキガ消臭スプレーです。ワキガの原因菌99%除菌!気になる部分にスプレーするだけ。

当サイトおすすめのワキガ消臭クリームはこちら

出勤の際や気になった時に手軽に塗れるワキガ消臭クリームです。

雑誌などでも多数取り上げられている商品で、ワキの臭い99.9%消臭除菌してくれます。


【NOANDE】
120日間返金保証付きなので安心して購入出来るかと思います。

このページの先頭へ